岡⼭で解体⼯事ならアクティブ

086-239-8663

受付時間 365日24時間お電話対応!

Contact

無料相談・⾒積り依頼

COLUMN

解体コラム

はつり工事とは?解体工事との違いや必要な現場、費用相場について詳しく解説!

家の新設やリフォーム、解体などの際、業者からの見積もりに「はつり工事」が記載されているときがあります。とはいえ、どんな工事内容なのか、解体工事と何が違うのか気になっている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、はつり工事の内容や解体工事との違い、必要な現場と作業、さらには費用相場、注意点なども詳しく解説します。後悔しない工事を実施するためにも、ぜひ参考にしてみてください。 

はつり工事とは?

はつり工事とは、建物の一部分を削る、切断する、穴を開けるなどの小さい規模の工事を言います。石を削る、切るという作業から『斫り』という漢字が使われています。主に人力で行う作業を言い、重機などを使用する大きな規模の工事は、解体工事に分けられます。

はつり工事は、色々な建築物に対して行われています。たとえば家の新設やリフォーム、解体工事のときに壁を取り壊す作業から、駐車場の屋根の新設、道路や橋の修繕まで多岐に渡ります。

はつり工事の特徴

はつり工事の特徴について、詳しく解説します。はつり工事の多くは、人の手で進める作業になり、主に次の3つに分けられます。

  • コンクリートはつり工事
  • はつりこわし工事
  • はつり仕上げ工事 

どれも機械では難しい繊細な人力での作業が求められる上、どの程度削るのかなど経験や知識も必要になります。

では特徴の違いを1つずつ見ていきましょう。

コンクリートはつり工事

コンクリートはつり工事には、壁を削ったあとで形を整える特徴があります。家の新設やリフォーム工事のときに、玄関ドアや窓サッシなどをはめ込むために用いられます。削る過程でヒビ割れを発生させないためには、作業員の高い技術が必要です。

はつりこわし工事

はつりこわし工事には、建物の一部分を取り壊す特徴があります。クラッシャーなどを使い、粉砕、または打ち壊しをします。作業内容は現場によって変わってきます。水道管や電気配線などに接する箇所で工事を行う場合が多く、指定箇所以外を壊さないよう繊細な作業が求められます。

はつり仕上げ工事

はつり仕上げ工事には、ノミやハンマーなどの工具を使用し、コンクリートの表面を叩いたり、削ったりしてデザイン性や機能をもたせる特徴があります。壁や塀などの無機質な見た目を多彩に表現したい場合に用いられます。

仕上げ工事を施して、スロープなどを滑りにくくする機能や、道路上に溝を作ってスピードを抑制させる機能などをもたせる際にも使われます。

はつり工事と解体工事の違い

はつり工事は、解体工事の一種です。そのため、はつり工事と解体工事は同じ壊す作業を行っているようにも見えますが、工事の規模が異なります。

はつり工事の多くは、建物の一部分を削る、切断する、加工を加えるなど、人の手で工事をする小さい規模になります。

一方、解体工事は重機などの機械を使用して、建物すべてを取り壊す大きな規模の工事になります。解体工事の実施には建設業許可が必要です。現場によっては、解体工事と一緒に、はつり工事を進める場合もあります。

はつり工事が必要な現場や作業

小さい規模の工事が可能なはつり工事は、多方面で用いられています。はつり工事が必要になる現場と作業の内容について具体的に紹介します。

狭い工事現場

室内や重機が搬入できない狭い現場で行います。ハンマーやドリルなどを使用して、人の手で壁や塀などを取り壊したり、穴を開けたりします。

騒音が気になる現場

密集している住宅地やマンションなどの現場では、より一層、騒音に気をつけなければいけません。その点、はつり工事は、人の手で丁寧に作業するため、重機を使用した解体工事よりも騒音に配慮した工事が可能です。騒音トラブルにならないよう注意しながら工事を進めます。

道路の舗装を修繕する現場

アスファルトやコンクリートの道路などの修繕にも用いられます。道路の傷んだ箇所は上から重ねて修繕する場合もありますが、一般的にはすべて剥がして、再び舗装します。多くの場合、ブレーカー、または削岩機などの大型機械を使用して行います。

配線を通す作業

鉄筋コンクリートの建造物を建てるときは、あらかじめ壁や柱、床などに穴を開け、配線を通す箇所を準備しておくのが一般的です。しかしあとで配線の追加が生じた場合には、必要に応じて配線用の穴を開ける、削るなどで対応します。

店舗の修繕作業

店舗や事務所などの劣化した箇所、壊れた箇所の修繕作業です。応急処置ではなく、修理とともに物件を改良し、新築当時の状態にまで回復させます。店舗の内装解体やコンクリートの張替えでも用いられます。

駐車場の屋根を作る作業

駐車場に屋根を新設する場合、駐車場の床に穴を開けたあと、屋根を支える柱を埋める必要があります。駐車場がアスファルトやコンクリートなどで舗装されている場合には、舗装を剥がす作業も発生します。

リノベーション作業

古い家や中古マンションのリノベーションで間取りを変更する場合、部屋の壁や間仕切りなどの不要箇所を取り壊す必要があります。構造上の強度などによっては壊せない可能性もあるため、確認が必要です。

建物の解体作業

解体工事は、重機を使用して建物すべてを解体します。しかし建物の一部分だけを削り取る際には、はつり工事で対応します。そのほか、重機が搬入できない狭い場所や騒音が気になる場所の建物の解体も可能です。

いらない部分を削る作業

コンクリート構造の建物の新設、およびリノベーション工事では、いらない部分だけを削り取っていきます。型枠や規定サイズからはみ出た箇所のコンクリートを削る場合や、老朽化して不要になった鉄筋箇所を取り壊す際にも用いられます。

見栄えをよくする仕上げ作業

外観や内観の見栄えを良くする目的で、はつり仕上げ作業を施します。繊細な作業が求められるため、職人が手作業で行っていきます。

はつり工事の2つの作業方法

はつり工事には、作業方法が2つあります。「人力で行う」方法と「重機を使う」方法です。それぞれの工事の作業方法について解説します。

方法①:人力ではつり工事を行う

はつり工事の多くは、人力での作業になります。ハンマーやカッター、ハンドクラッシャーなどの色々な工具を用途に合わせて使い分け、コンクリートを取り壊したり、削ったり、切断などの作業を行っていきます。家のリフォームや穴の大きさの調整については、決められた箇所を削っていく作業になるため、手作業で丁寧に進めていきます。

方法②:重機を使ってはつり工事を行う

人力だけでなく、重機などの機械を使用する場合もあります。一般的には、人力と重機を併せて使いながら工事を進めます。重機を使用するかどうかは、現場の状況や規模などにより判断されますが、特に建物解体のときには、倒壊の危険もあるため重機を使用する割合が高くなります。基礎の解体には、ショベルカーの先にノミやハンマーなどを取り付けて工事を行います。

はつり工事の費用相場

工事の費用は、作業で使用する工具などにより異なります。使用する工具ごとの費用相場は以下のとおりです。

はつり工事で利用する主な工具相場
エアコンプレッサー35,000円/日程度
ハンドカッター500円〜/㎡(作業員の人件費や削りかす回収は別)
砥石(といし)1枚:200円

エアコンプレッサーとは、空気やガスなどの気体を圧縮できる工具です。自動車や自転車のタイヤの空気入れなどで使用されています。はつり工事の場合、コンクリートに取り付けられたクギなどを外す際に用いられます。 

ハンドカッターとは、コンクリートを切断できる工具です。刃にはダイヤモンドが散りばめられています。 

はつり工事の費用は、依頼する業者や工事内容などにより異なりますので、正確な費用を知りたい方は業者へ見積もりを依頼しましょう。

はつり工事の注意点

はつり工事で注意しておきたいのが、「騒音」と「工事コスト」です。注意点について、それぞれ解説します。

周囲への騒音の配慮をする

周辺地域への騒音対策は、特に注意しましょう。狭くて、住居やビルなどが密になっている場所では、重機を使用した解体工事ができません。そのため騒音対策として、より配慮できるはつり工事が多く選ばれています。

特に工事時間が昼間であっても、子育て中のご家庭や夜勤明けの方などにご迷惑をおかけするため、周囲に気をつけながら工事を進めなければなりません。

騒音以外にも、粉じんや振動についても、大きなトラブルに繋がりやすいので、工事前には周辺住民の方へご挨拶を行い、理解を得られるようにしましょう。

工事コストがかかる

はつり工事は、主に重機が搬入できない狭い場所での手作業になります。騒音対策のため、作業時間の限定や騒音が出にくい機器を使用するなど周囲に配慮して作業を進める必要があり、時間とコストがかかります。

さらに工事で出るコンクリート片などの産業廃棄物は、処分方法が法令で定められており、その分の費用も必要になります。

工事中、予想外の事態が起こった場合には、工期が長くなったり、追加費用がかかったりする可能性もあるため、余裕をもったスケジュールと予算を組みましょう。

まとめ

はつり工事とは、主に手作業で、コンクリートやアスファルトを削る、切断する、穴を開けるなどの小さな規模の工事のことです。一方、解体工事は、重機を使用した大きな規模の工事になります。

はつり工事は、一般的には重機が搬入できない狭い場所や騒音が気になる場所、道路の舗装修繕、駐車場の屋根の設置など、さまざまな現場で必要とされています。機械ではできない繊細な作業で行うため、周囲への騒音に配慮した工事が可能です。

はつり工事で後悔しないためにも、内容や解体工事との違い、注意点などをよく理解した上で作業を実施しましょう。

建物の解体のことでお困りではありませんか?

アクティブは岡山で圧倒的な実績と経験を誇る地域No.1の解体業者です。
建物解体工事から内装解体工事、アスベスト調査・除去まで安心してお任せください。
お困りのことがあればお気軽にご相談ください。

Writer この記事を書いた人

菊池 哲也 株式会社ACTIVEの代表取締役

岡山県生まれ、岡山在住。解体工事は年間300件以上、アスベスト調査除去も行う解体工事のプロフェッショナルです。創業から30年以上培ってきた豊富な知識と経験で、迅速かつ安心安全でクオリティの高い施工を行っています。岡山で解体工事のことならお気軽にご相談ください。

この人が書いた記事をもっと見る

COLUMN

他のコラムを見る

CONTACT US

お問い合わせはこちら

解体のことなら、
どんな些細なことでもご相談ください

アクティブは岡山で圧倒的な実績と経験を誇る地域No.1の解体業者です。
建物解体工事から内装解体工事、アスベスト調査・除去まで安心してお任せください。

電話受付土日祝も24時間対応!

岡山県
対応エリア

岡山県下、全て対応いたします。

  • 赤磐市
  • 浅口市
  • 井原市
  • 岡山市
  • 鏡野町
  • 笠岡市
  • 吉備中央町
  • 久米南町
  • 倉敷市
  • 里庄町
  • 勝央町
  • 新庄村
  • 瀬戸内市
  • 総社市
  • 高梁市
  • 玉野市
  • 津山市
  • 奈義町
  • 新見市
  • 西粟倉村
  • 早島町
  • 備前市
  • 真庭市
  • 美咲町
  • 美作市
  • 矢掛町
  • 和気町
  • 美咲町
  • 美作市
  • 矢掛町
  • 和気町